MENU

若ハゲを諦める前に予防に徹底すること

自分が若ハゲになってしまった時、そのショックは計り知れないものかと思われます。何となく薄毛かもと思っていたが、どんどんと症状が進みとうとう地肌が見えて目立つようになってしまったという方もいるかも知れませんね。

このように明らかに若ハゲとなってしまった後に、あわてて対応を探して取り組もうと思っても、症状はかなり進んだ状態となっています。

実際にはかなり対応が遅れてしまっている状態なので、理想となるのは本格的に若ハゲが進まないうち、すなわち予防を重視した若ハゲ対策が必要となります。

自分はハゲ家系であるという方や、日々ストレスを抱えやすい生活をしている方など、将来周りよりも薄毛になりそうだと心配をされる方は、ぜひとも予防のための取り組みを一日でも早く始めて下さい。

具体的な方法としては育毛剤の利用などもありますが、普段の食生活が偏り過ぎる、不規則となっている、喫煙や飲酒が多い、睡眠時間が短いもしくはバラバラ、夜更かしが多く朝が遅いなどの生活が中心であれば、直ちにリズムを整えることが必要です。

また、間違ったヘアケアを行なっていると逆効果で抜け毛が増えることが分かっていますので、頭皮をいたわりながら正しいケアを実践していくことが必要です。繰り返しとなりますが、若ハゲを少しでも回避をするためには、毎日何もしないで達成することはできません。せめて育毛剤と併用で日々の生活態度を正す心がけが必要なのです。

若ハゲ予防は早めに対策が重要

若ハゲ予防の対策のため、男性に多い脱毛症としてのAGAの予防についてまずお話をしましょう。

男性の薄毛で一番多いAGAですが、高齢となれば多くの方が経験をすることです。しかし、若い年代での発症となると、さすがにこのままではいけないということが安易に想像できます。AGAによる若ハゲにならないためにも、予防による生活面からの管理や改善が必要不可欠となります。

毎日の生活では、食生活の改善や規則正しい生活となります。特に偏食に陥りがちな男性は、栄養バランスを整えて食事を摂る事が必要です。良質な植物性たんぱく質やビタミンを多く含む野菜類が必要でしょう。

身体に良いからと一品ばかりを食べてもいけません。全体的にまんべんなく摂取できるよう工夫をすることが必要です。毎日の食事で必要な栄養素を何十種類も摂るとうのは至難の業です。そのような時には育毛サプリなど上手く使用し、若ハゲ対策に有効的な栄養素を確実に得るという方法もお勧めです。

また、身体の新陳代謝や頭髪が伸びるということは、ほとんどが夜中の就寝中に行なわれています、しっかりと良い睡眠を取る事で質の良い髪の毛を作り出すことができるのですね。
毎日の習慣な生活態度を改めるとうのは、なかなか難しいものです。しかし、若ハゲによる心理的負担等もかなり大きなものです。

「まさか自分が?」と、そのようなショックを受けないために、将来の自分のために早めに行動を起こすことが必要となります。

若ハゲが気になったら頭皮チェックを

多くの方は若ハゲが気になり始めると、どんな些細な事でも気になってしまいます。できれば若ハゲにならないことが一番なのですが、こればかりはどうなるのか分かりません。

そのため、日頃からこまめに自分の髪の状況を確認して、若ハゲの兆候が表れたと感じられたら、できる限り進行をしないように予防や対策を行なう事が必要です。若ハゲは初期の段階で早ければ早いほど改善の余地も大きくなります。

ここでは、若ハゲのサインとなるものを確実にキャッチするために、頭皮のチェック方法を紹介してみたいと思います。

まず、頭髪の脱毛が始まる兆候としては頭皮の硬さが関係します。脱毛しやすい頭皮は通常よりも硬くなりがちなのです。そのため、頭皮チェックが重要です。指で頭皮を触り左右に動かして頭皮のさわり心地を確認してください。

硬い感じがしたら血行が滞り、弾力が無くなっています。頭皮を指先で刺激することで血行を促がす対策を行ないましょう。頭皮が異常に痒かったりフケがパラパラと落ちる状態は、皮脂が出過ぎているという事が考えられます。

フケの状態もパラパラ状態なら過度に乾燥、べったりしているのであれば皮脂が多すぎです。どちらも毛穴を詰まらせて悪影響を及ぼしますので注意が必要です。一番分かりやすいのは自分で鏡を見て気付くというパターンでしょう。いち早く気付くためには、日頃から自分の髪の量やおでこの範囲などを把握しておく事で些細な変化気付く事ができます。

食生活と若ハゲは関連している

若ハゲに悩む方は少しでも改善できればと、様々な方法を模索している事と思われます。中でも若ハゲを改善させる期待が持てる食べ物があり、逆に若ハゲを助長させる食べ物もあることをご存知ですか?もしかしたら、薄毛に悩んでいる方は食生活になにか問題があるかも知れません。

ここでは若ハゲと食生活について考えてみたいと思います。しかし、ハゲに良い食事をしたからと言って、すぐに効果が目に見えるという訳ではありません。体質改善のための食事ですから、長く食生活に気をつけて過ごす事で薄毛にも良いのではないかというレベルです。

食事をして劇的に変化をするものではありませんので、体調を整える目的での食生活の改善を目指しましょう。若ハゲを予防するためには髪が作られる栄養成分が十分に行き渡り、頭皮が元気である事が必要です。それに伴い身体そのものが健康体でなければ健康な髪は生えません。

健康な髪を作るためには主成分のたんぱく質と亜鉛が必要です。たんぱく質は脂質の少ないササミや赤身の魚を食べると良いでしょう。亜鉛が豊富に含まれているものは牡蠣が有名です。頭皮を健康的にするにはビタミン類が必要です。
特にビタミンAやビタミンBなどは重要な働きをするので積極的に取り入れたいものです。

主にレバーやウナギ、緑黄色野菜に多く含まれています。体調を整えるためには偏食のないバランスのとれた食事を心がける事です。代表的なのは和食メニューでしょう。

ストレス軽減は若ハゲ予防

若ハゲとストレスは実はかなり密接に関係をしています。近年はかなりのストレス社会で問題となっており、精神的にも大きな負担がかかっていると言われていますが、心身の不健康は頭皮にも影響を及ぼしてしまうのです。

人間は生きていく中でどうしてもストレスは体験をしてしまうのですが、自分の許容範囲を超えるようなストレスに晒され続けると、心身のバランスを崩してしまうことは、皆さんもお分かりでしょう。
その結果、頭皮にも影響を及ぼし脱毛ということになってしまうのです。

しかし、実際にはストレスがどのように脱毛に影響し、若ハゲを助長させるのかというメカニズムははっきりとは解明されていません。しかし、ストレスから薄毛というのは、多くの方が納得の現象ではあるのです。有力なものとしては、ストレスによる自律神経の乱れから、薄毛となるキッカケが生まれるのではないかと言われています。

自律神経が乱れは血行が滞りやすくなります。髪の毛に栄養を供給する毛細血管まで十分な血流が行かなくなってしまいますね。髪の毛は栄養が不足すると抜けてしまい大きく成長をすることができません。

また、頭皮自体が栄養不足となるので新しい髪の毛を作り出す力が無くなってしまいます。また、自律神経の乱れは皮脂を多く分泌させます。頭皮が皮脂まみれになるとこれも元気な髪を育てることが困難となり若ハゲを発症させてしまうのです。その他にも色々ありストレスは少ない方が賢明ですね。